Mono→colorful

【レビュー】amazonで定番のワイヤレスBluetoothイヤホン SoundPEATS Q34

f:id:pakataro:20180212213450j:plain

 

人生初のbluetoothイヤホンを買いました

今の今までずっと有線のイヤホン、ヘッドホンで過ごしてきました

 

無線は音質が、、、というイメージが拭いきれなかったのですが

どうやら今の時代はそんな心配は無用なようです

 

SoundPEATS Q34

今回購入したものはこちら

 

簡単にスペックをあげると

・bluetoothなので取り回しが楽!

・apt-X対応により、高音質・低遅延

・AACにも対応しているのでiPhoneにもオススメ

・bluetoot4.1

・1.5時間の充電で7時間の連続再生が可能なバッテリー

・コスパがよく、音質も値段の割にかなり良い

 

セット内容

 

f:id:pakataro:20180212213507j:plain

・イヤーチップが4サイズ(うち1つ装着済)

・イヤーフックが3サイズ(うち1つ装着済)

・イヤホンケース

・USB充電ケーブル

・説明書他

f:id:pakataro:20180212213521j:plain

 

このようなセットになっています

イヤーチップとイヤーフックの組み合わせで自分の耳に合わせることは十分できると思います

 

SoundPEATS Q34の使用感

音質

まずはイヤホンにおいて最重要の音質について

 

これはびっくりしました!

お値段も3,000~4,000円程度、bluetoothという条件で

こんなにもいい音で音楽を聴けるのだなーと

 

もっと早く買っておけばよかったと思いました

 

傾向としては

低音がしっかり出ていて、高温も歯切れよく埋もれずにちゃんと聞こえる

ひと言でいうと元気な音です

低音寄りな音です

 

かといってドンシャリすぎることもなく、フラットすぎてつまらないこともない。

イイ感じに元気に鳴らしてくれる

楽しく音楽を聞かせてくれる

という印象です

 

 

ジャンルを選ぶ、といったことはないとは思いますが、

ポップスやロックなど、元気な曲には特に相性が良さそうです

 

元気な音なので長時間聴き続けるとちょっと疲れちゃうかもしれませんね(笑)

 

買った当初は低音がめっちゃ強く、高音やボーカルのサ行がちょっと刺さって聞こえるな、と感じましたが

使用しているうちにそれらも落ち着いてきてバランスのいい音になりました

 

この値段で、無線でこの音質はマジで文句ないですね

回し者みたいですが、本音です

 

利便性・操作性

bluetoothイヤホンですので

やはり取り回しが有線のイヤホンとは違い断然楽です

 

f:id:pakataro:20180212213608j:plain

ハウジングにマグネットが埋め込まれているため

耳からはずして首からかけているだけの状態のときにも

引っかかって困るということもなさそうです

 

防水もIPX4等級のため、汗や小雨程度は問題なく使えます。

ジムやジョギングしながら音楽を聴きたい!

というときにも大活躍します

 

実際、このイヤホンを着けてジョギングしてみましたが

外れそうになることはまったくありませんでした。

 

また、リモコンでの操作ですが

-ボタン          長押し:曲戻し  短押し:音量-
+ボタン          長押し:曲送り  短押し:音量+
マルチファンクションボタン 長押し:電源Off   短押し:再生/一時停止

 というように必要十分な操作もできます。

 

f:id:pakataro:20180212213552j:plain

 

ペアリングも簡単で

スマホ・DAPなどのbluetoothをオンにし、本機のリモコンのマルチファンクションボタン(真ん中のボタン)を約6秒点滅するまで長押しし、

再生機側で検出された「SoundPEATS Q34」を選択すれば完了です。

 

2回目以降のペアリングはもっと簡単です。

イヤホン本体にこれまで接続した機器が登録されるようです。

再生機側のbluetoothがオンになっていれば、本機のマルチファンクションボタンを約3秒長押しすることで電源が入り、そこで自動的にペアリング完了です。

 

「Power on」「Phone1 connected」(こう聞こえます)

と聞こえたらペアリング成功です!

 

日本語の説明書もついていましたので

特に設定や使い方で迷うこともないかと思います。

 

また、充電はリモコンの側面にあります。

f:id:pakataro:20180212213700j:plain

 

フィット感

スポーツ時などにもフィット感については申し分ないと思います。

また、フィットさせることで低音がしっかり出ますので

買ったらまず自分に合うイヤーピース、イヤーフックを見つけるのがいいと思います!

 

ただひとつ残念というか、万人向けではないなーというところ

イヤーフックあたりの本体がかなり大きくて太い!

というところです

特に有線イヤホンしか使ってなかった人からしたら

「でかい!」となるはずです

 

所持イヤホンとの大きさ比較↓

f:id:pakataro:20180212213715j:plain

 (左はZERO AUDIOのカルボテノーレ

 これも安くておすすめです

 そして右はGalaxy S8付属のAKGイヤホンです)

 

 

買ったばかりのころは20、30分着けているだけで痛くなってきて

あまりつけていられませんでした。

設計が海外向けだからなのかもしれません。

 

しかし、これも慣れなんでしょうか(笑)

今ではしばらくつけていても大丈夫です

 

とはいってもこれまで使ってきたイヤホンがコンパクトだったので

やはり圧迫感はあります。長時間つけ続けるのが難しい人もいそうです

 

僕は大丈夫だったのですが

耳の小さい人や女性などには絶対オススメとはいえないかもしれません

 

ここだけもう少しコンパクトになってくれたら・・・

というだけに惜しい点です

 

バッテリーの 使用可能時間(実測)

無線なのでバッテリーには限りがあります。

公式には7時間連続再生可能と謳っていますが

実際に測ってみました!

 

購入後1ヶ月時点のバッテリーが弱っていない万全な状態で

フル充電にしてから音楽を流し続けたらどうなるのか!?

 

果たして結果は・・・?

 

途中、一度中断しつつ次の日に残りのバッテリーで使用してみた結果

合計6時間半

でした!

遅延について

僕はGalaxy S8を再生機に使用している為、apt-Xで接続できています。

画面で確認するすべはなさそうですが、ちゃんとできているようです。

 

その証拠に遅延はほぼありません!

通常の音楽再生や、タイミングにシビアではないゲームなどでは気になることはないでしょう。

 

ただリズムゲームなどでは少ーしのズレはありました

 

例えば「デレステ」

ほんの少しですが、半拍いかないぐらいのずれはありました

ただ、ゲーム側の設定でタイミング調整をすることで簡単に解消できました!

 

全体としてほぼ問題ないレベルです。

 

注意点

ノイズキャンセルイヤホン初めて買うぜ!

っていう人に注意していただきたいのが

 

本機についているCVC6.0ノイズキャンセリングというのは

あくまでハンズフリー通話時のノイズを低減するもので

 

ソニーやBoseなどの製品にある音楽再生用のノイズキャンセリングとはまったく別物になりますので注意してください。

 

かくいう僕は知りませんでした(笑)

この値段で音楽用のノイズキャンセルなんて求めすぎでした

 

とはいってもしっかり自分の耳に合ったイヤーピースを装着することで

遮音性を確保することはできます

 

というかこのイヤホン遮音性は結構いいと感じますので

(結果的に)そんな機能なくても全然大丈夫でした

 

まとめ

まとめると、とにかく高コスパのbluetoothイヤホンです。

 

やっぱり無線ってストレスなくていいですね!

今まで有線イヤホンしか使ったことのない僕のような人がいたら

値段もお安いので一度手に取ってみてほしいです

 

僕自身ひと昔前にはイヤホン、ヘッドホンの沼に片足つっこみかけていたこともあるのですが

今度は理想のbluetoothイヤホン、ヘッドホンを求めてオーディオの沼にまたはまってしまいそうですw

 

iPhoneからはイヤホンジャックが撤廃されたり

2017年末には左右独立の完全ワイヤレスイヤホンというジャンルの製品も多数発売されたり

これからますますbluetoothイヤホン界隈は盛り上がりを見せていきそうで楽しみです!

それでは!