Mono→colorful

【Qi】ワイヤレス充電器の使用感はどうなのか?充電速度を有線と比較して検証してみた

f:id:pakataro:20180705184004j:plain

iPhoneも対応し、広がりつつあるワイヤレス充電

 

わざわざケーブルでつながなくても充電できる!

というところに魅力を感じ、半年間使用してみた感想とともに

実際に有線での充電速度と比較してみました!

ワイヤレス充電規格 「Qi」

WPCが策定したという国際充電規格「Qi」

これまでもワイヤレス充電技術はあったそうですが

国際規格だけにメーカー間の垣根を越えて採用できるので一気に広まりましたね

iPhone8・X、Galaxyなどが対応しているので使える人も多いです

 

Anker PowerPort Qi 10

f:id:pakataro:20180705184020j:plain

今回使用したワイヤレス充電器です

平置き型で、かなり薄い

f:id:pakataro:20180705184029j:plain

 

スマホを置いたときにサイドが青く光るのでちゃんと置けたか確認できるとともに

おしゃれで所有する満足もありますね

f:id:pakataro:20180705184039j:plain

紫に見えますが実際はもっと青いです 

 

スマホの設置面はシンプルかつマットな仕上げで滑りにくくなっています

付属のケーブルは90㎝ほどですね

 

出力が5W対応のモデルと10W対応のモデルがありますが

こちらは10Wに対応しています

 

検証条件

スマートフォン

Galaxy S8

f:id:pakataro:20180704155119j:plain

充電器

Anker PowerPort(PowerIQ用ポートを使用)

f:id:pakataro:20180704153542j:plain

充電ケーブル(有線の場合)

Anker PowerLine+

f:id:pakataro:20180704153556j:plain

 

その他条件

20%→100%の充電にかかる時間を計測

充電中はスマートフォンを使用せず放置(充電の確認のみ)

 

なるべく同じ条件で充電していきます!

 

検証してみた

ワイヤレス充電

結果

20%→50%  73分

50%→80%  73分

80%→100%  46分

合計  192分

 

有線での充電

結果

20%→50%  32分

50%→80%  33分

80%→100%  28分

合計  93分

 

体感でも倍ぐらいかかるなーと思っていましたが

実際に計測してみてもその通りになりました

ワイヤレス充電のメリット・デメリット

メリット

置くだけで充電できる

コネクタの抜き差しから解放され、端子の故障の心配がない

 

カバーをつけたままでも大丈夫でした

口コミを見ていても厚みのあるカバーでも大丈夫みたいです

寝る前に置いておいて、朝には充電が完了している

という使い方が向いていますね!

 

デメリット

とにかく充電速度が遅い

位置が悪いと充電できていないことがある

 

はっきりいって遅いです!

検証結果でもわかるように有線の場合と比べて約2倍の時間がかかると思っていいでしょう

出かける前のさっと充電には不向きです

 

あとはスマートフォンの中央に合わせて置かないと充電されないですね

スマートフォン本体のバイブレーションや音、充電器のライトで確認はできるので実用上問題はないですが

テキトーに置いただけだと充電できていないことがあるので注意です!

 

中心だと充電できますが

f:id:pakataro:20180705184134j:plain

これくらいずれると充電が止まります

f:id:pakataro:20180705184140j:plain

 

半年使ってみての使用感

たしかに充電速度は遅いですが

やはり置くだけで充電できるというのは有線では味わえない醍醐味です

 

それを便利だととらえるのか、速度が遅いから不便だととらえるのかは

これはもう人によるとしか言えないです

有線の8割くらいの速度だったらもっと使いやすいですね

向き不向きありますが個人的には一度使ってみてほしいとは思います!

 

これからはいろいろなものがワイヤレスにつながる時代がくるでしょう

ワイヤレス充電自体がまだまだ発展途上のテクノロジーですし

ワイヤレスの充電速度がこの先速くなっていくのももちろんですが

もっと使いやすい技術もどんどん出てくるようです

 

こんなのも実用が近いとか↓

japanese.engadget.com

この「Pi」という規格はQiと互換性があってQi対応の機種ならそのまま使えるというのもポイントです

机の上に無造作に置くだけで充電できるなんてワクワクしますね!

 

もっと進めば部屋中の端末を一気に充電する

小型端末以外のデジタル製品・家電などもすべてワイヤレス

なんてことも近い将来できるかもしれません

 

そんな未来のテクノロジーを予感させてくれるようなアイテムでした!

よかったらワイヤレス充電、一度試してみてください!